秋の京都ぶらり旅

随分と長いこと御無沙汰でありました。
最近は平日はおろか、土日もPCを立ち上げる機会がめっきり減ってしまいまして、それほど忙しい毎日という訳です。
体調面も表面上に現れる程の酷さでありますが、その話はまた別の機会と言うことにして。

先日、ちょっとお休みを利用して京都へ行って参りました。
GW明けにも京都へ行って来たのですが、嫁が「紅葉した京都を見てみたい!」というリクエストにお答えし、3日間の日程を組みました。
予め訪れるポイントを事前に絞って、朝から飛行機で一路伊丹経由で京都へ……

と、その前に嫁がもう1ヶ所寄りたいところがあると言うことだったので、伊丹から一旦大阪へ。
本町にある船場センタービルを見てみたいと、私も数年振りの訪問。
洋服から雑貨・布・小物など、卸売の店が結集した、全長約1キロの複層階ビルですが、一般の方でも購入できる問屋もあるので、平日に大阪を訪れる機会がある方は是非。
時間も昼過ぎになり、嫁が訪れたことが無いと言うなんばへ行き、串カツを食す。美味い。
昼間から酒が飲めるとは格別であります。

画像

十分大阪を堪能し、夕方にようやく京都入り。
ホテルは河原町付近に取ってあったので、荷物を預けて目指すはお西・お東の本願寺へ。
ここは荘厳で巨大な仏閣が鎮座しているのですが、訪れた時間が悪く、どちらも到着して5分後で閉門となってしまいました。残念。
銀杏の紅葉もこれからのようです。

続いて地下鉄で訪れたのが東山にある知恩院。
私も初登場のこちらは、秋の一定期間にライトアップで紅葉を楽しめるスポットとして、その夜の光景を見たく来訪しました。
そしてその紅葉がこの写真。
画像

いやあ、まさしく京都と言った感じで、訪れて正解というものです。
外国人風に言えば、「It is びゅーてぃふぉー」と言った感じです。
日本人もこのような景色を忘れていたのではないかと言う程の絶景でした。
寺の本堂では夜の読経もしていたのですが、この模様はまた後日お披露目できればと。
この日の晩飯はちょっと 豪華にと、先斗町にある小料理屋で懐石料理と日本酒で一杯。
美味かったです。

翌2日目は早朝から大原・三千院へ。
朝の大原ほど絶景が素晴らしいところはない、とこれは私の意見を踏襲させ、なかなか目覚めない嫁を叩き起こしてなんかと到着。
そして撮れた一枚がこの写真と言う訳で、朝もやが広がる大原は誠に良き眺めかな。
画像

この時期、大原に行くなら絶対に早朝がオススメです。

続いては嫁の要望で下鴨神社・上賀茂神社へ。
下鴨でおみくじを引いたのですが、出て来たのが大吉とか小吉でもない『平』というもの。
平凡の『平』かと思いきや、内容は酷評ばかりの辛辣なものでした(汗)
上賀茂で引いたおみくじは『大吉』でした。
そして上賀茂では期間限定で能楽堂で挙式が行えると言うプランがあるらしく、丁度夜に執り行われる式を見ることが出来ましたが、これがまた荘厳で美しい。
何と言っても国の重要文化財でできるのですから、私ももう一回挙げたいくらい(笑)
画像

夜は北野天満宮の夜間拝観で、是又見事な紅葉を見ることが出来ました。
晩飯はホテル近くの居酒屋で一杯。

最終日も朝から嫁を引っ叩いて行動開始。
まず最初は御池から地下鉄で約15分の場所にある醍醐寺。
京都の外れにあるため、あまり観光客は訪れないこの場所ですが、紅葉はココが最高のロケーションです。
画像

まぁ、四の五を言わず写真を見てみてください。
彼の徳川公が愛した庭園と言うに相応しく、庭園内に色濃く咲き乱れる紅葉と、池に映える紅葉が見事にマッチ。
これは言葉を失います。
次の予定が入っていたので、正味40分くらいの時間しか撮っていなかったのですが、夢中に写真を撮り続けて気が付けば1時間が経過。
それだけ見応え満載の場所なのであります。

今回の旅の締め括りは、昨日も訪れた上賀茂神社。
何故かと言うと、本殿が修復中で通常は中を見ることができないのですが、特別拝観として本殿の屋根部分と重要文化財の若宮神社を初公開しているということで見てきたのですが、これが圧倒的なスケール。
伊勢神宮の遷宮と同じように本殿と仮社殿を同時に見られるのは、今しかないということで、貴重な経験をさせていただきました。

帰りの飛行機は15分前に伊丹に到着すると言う、分刻みのスケジュールをこなし、無事に京都旅行を終えることが出来ました。
日本の美しさを再認識させて戴いた、そんな3日間の行程でした。
ただ一つ、残念なのは、梅田阪急のデパ地下を堪能する時間が取れなかったことで(涙)

そして、次のステージは桜の咲く京都へ……(以下略)



仁義なき嫁【新装版】 (スイート蜜ラブBL文庫)
ネットワーク出版
高月紅葉

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 仁義なき嫁【新装版】 (スイート蜜ラブBL文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック