マイ・財政再建

お久しぶりのブログ更新で御座います。
最近はフェイスブックのほうがメインになっていて、ブログ自体もあまり見に来ていなかったのですが、やはり長文を書くとなるとブログの方が楽ですね。

ということで、今回のお題は財政再建。
決して我が国ニッポンや、ニュースで話題のギリシャの問題ではありません。
我が家のことでありまして。
ここ数年は貯金を切り崩しながらも何とか生活を維持してきましたが、年々赤字が拡大する一方。
ようやく明るい材料が見えてきたところでありますが、それでも財政の立て直しが急務。
ということで、家計を握っているケチケチな私(?)が実践していることを羅列してみます。

①買い物はクレジットカード
私はもっぱらカード派。財布の中には現金はほとんど入ってません(汗)
買い物をカードで行うとポイントがもらえるので、これほどオトクな事はありません。
たまに飲み屋に行くとカードが使えない店があるので、その時はちょっとばかり焦りますが。
「カードを使うとついつい使いすぎちゃう~」なんて阿呆な人もいますが、それは財布の自己管理が出来ていない証拠。
正しく使えばこんなに便利でオトクなものはないのです。

②使わない預金は定期預金・定額貯金
厳しい厳しいと言っても、蓄えはちゃんとしております。
で、当面使わない資金は定期預金へ回してます。
最近は便利になったもので、銀行のネットバンクで高利率の定期預金があるので、都度ネットで申し込んで預金を移し替えて……と繰り返すとなかなかの金利をいただけます。
ゆうちょの定額貯金も、金利がいい時に預ければ複利でどんどん溜まって行きます。
少々の手間がかかりますが、ヘソクリ程度のお金は溜まります(笑)

③スマホはMVNOで
かつて私はケータイキャリアをauにしていました。
10年以上愛用していたので、解約にはためらいもありましたが、MVNOに変えてから驚くほど安い。
月のスマホ使用料は高くても1,800円くらい。
元々外出先でスマホをいじることも少なく、家では専らwifiで接続しているので、月間通信使用量は1GB前後。
通信キャリアで月々5,000円前後を払っていたのがバカくさいとさえ感じてしまいます。
「キャリアならではのサービスがなくなる」と、主にキャリアのメアドがなくなる抵抗感はありましたが、Gメールで事足りますし、今では何ら不自由を感じていません。

④確定拠出年金の活用
耳慣れない言葉かも知れませんが、要は自分で貯蓄して管理運営する個人の年金と理解して戴ければ。
定期預金と同じ仕組みと言えば手軽に感じるかもしれません。
これを活用すると、掛けた金額が全額所得控除の対象になるので、サラリーマンには心強い味方。
ただ、定年になるまで引き出すことはできないので、65歳以上生きる覚悟が必要です(笑)

⑤趣味を捨てる
これはかなりの勇気がいりました。
「マニアは金がかかるもの」というのはホントのことで、自称・マルチマニアを語っていた私は当然の事ながら出費のオンパレード時代があったものです(爆)
少しずつ整理してきましたが、結婚をしてからその勢いを急加速させ、ほとんどの趣味を捨てました。
過去の趣味は大体「セミ・リタイア」(by大橋巨泉)。
数少ない趣味が、自分の人生以上に命を賭けている阪神タイガースの応援くらい。
あとはたまに旅行に行くくらいですが、LCCのお陰でそれほど出費ではなくなったのは有難いことです。
まあ、生活と家が最優先ですから、これくらい大したことではありませんが。

有難いことに、今は収入の安定している職に就けているので、少しずつ生活に余裕が出てきましたが、当面の目標は累積赤字の解消。
年金も貰えるかどうかもわかりませんし、今のうちにしっかり蓄えていきたいところです。
そして、使う時にはパーッと使うのが私の生き方。
こちとら江戸っ子……違った、蝦夷っ子でぃ。

"マイ・財政再建" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント